きれいに脱毛するのなら医療脱毛が断然良いと言われていますよね。
今、医療脱毛ができるところも増えてきましたが、
悩んでいる人の中には「医療脱毛は痛い」ということに引っかかっている人が多い様です。

医療脱毛は脱毛箇所によってもかなり痛いという話もちらほら聞きます。
では、どうして痛いのでしょうか?

医療脱毛では、黒い色素にだけ反応するレーザーを使用していて、
このレーザーで、黒い毛根の部分を熱によって壊して毛を脱毛させています。
肌が痛いと感じるので火傷の心配などをする人もいますが、
あくまで黒い毛根部分を照射するだけであり、その際の刺激が皮膚に影響して痛みを感じます。
医療脱毛が痛いのはどうして?
医療脱毛に使用される機器には、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ロングパルスヤグレーザーなどがあり、中では古くから使用されているアレキサンドライトレーザーが一番痛みがあると言われています。

またどこの脱毛が痛いのかと言えば、わかりやすく言えば、黒が多くある毛の太くて濃い場所と言えます。
毛が多い場所ほどレーザーの熱が発するためにその分皮膚も痛く感じます。
よって、脱毛する毛が少なくなってくれば、だんだん痛みも無くなってくるということです。

痛みをできるだけ減らすためには、クリニックによっては麻酔をしてくれるところもありますが、セルフでできることは、肌をしっかり保湿しておくこと、先にエステ脱毛しておくことなどです。
痛みに弱い人は事前にしっかり相談をしておくこと、また生理中などの体調がすぐれない時はできるだけ避ける様にしましょう。

コメントを残す

*